あわてだるま

だるま夜話

江戸時代より伝わる滑稽芝居より
脚本・演出 ■ 山形文雄
語り ■ 正木美緒

上演時間 ■ 5分

 あるお屋敷の床の間に、だるまの掛軸がかかっていました。
 そのだるま。真夜中に掛軸から飛び出した!やがて手が出て足が出る。部屋に残っていたお酒を見つけ「いっただきまぁす」と勝手にごっくん、ごっくんと飲み干したからさぁ大変。酔っぱらっただるま、扇子を持って、あらよ、こらよと踊り出す。隣のお部屋で寝ていたお母さんが騒ぎに目を覚まして起きてきた。だるまは慌てて掛軸に逃げ帰った。起きてきたお母さん、だるまの掛軸を見て腰を抜かし・・・。

掛け軸から飛び出しただるまが引き起こす痛快、珍騒動!

 江戸時代末、庶民に大評判だった「だるまの滑稽話」を、現代に生き生きと甦らせた笑いの江戸写し絵芝居。

先生と父母の感想


  • CIMG0466
    とても楽しんで見れました。だるまから手が出る所,最後のオチはとても面白かったとのことでした。年少さんでも集中して見られました。
    (埼玉県上尾市 浅間台幼稚園)
  • 動きがおもしろく、絵もはっきりしていて子どもたちも集中してよく見ていました。オチもよくわかって笑っていました。
    (神奈川県横浜市 汐見台中央幼稚園)
  • パッと真っ赤なだるまが登場すると、子ども達から笑い声。ダルマが回ったり、踊ったりする姿に笑いが止まらない子ども達。ダルマが慌てて掛け軸へ戻った姿を見て大爆笑でした。
    (神奈川県茅ヶ崎市 浜竹幼稚園)
  • だるまの動きがおもしろくて、子ども達が皆、夢中になっていました。
    (埼玉県鴻巣市 吹上中央幼稚園)
  • クルクルかわるだるまの動きに子ども達も大喜びでした。とても良く見ていました。
    (第六保育園)
  • お尻を上げ喜んでいた。単純な内容でテンポもよく楽しめたと思います。
    (千葉県柏市 豊四季保育園)
  • いつもの人形劇と違って新鮮だった。スクリーンも大きく、はみ出して動くところもあり、影絵というので白黒と思ていたらカラーで動きもかろやかでとてもよかった。影絵の不思議さおもしろに心を奪われている子どもたちでした。
    (千葉県柏市 高柳西保育園)
  • 子どもも大人も両方楽しめました。すごく面白かったので、もう少し長く観たかったです。終わった後に舞台裏を見せて頂いて、とてもいい経験が出来ました。ありがとうございました。
    (埼玉県さいたま市 浦和区木の実幼稚園)
  • これは本当におもしろくて子どもたちみんな大笑い。だるまのこっけいな動きとしゃべりが絶妙でした。また、観たい。という感じです。きっと江戸時代の子ども達も同じように笑っていたんだろうな―と思うと、すごいなーと共通の物を観て笑っているんだわーと昔の技術のすばらしさを感じました。今回の公演どうもありがとうございました。みんわ座さんの活動陰ながら応援します。
    (杉並区松ノ木保育園)
  • 「もう一度観たい。」と大きな声をあげた子どもの言葉が楽しさ、驚きを現していたように思う。
    (神奈川県横須賀市 鴨居幼稚園)
  • 「影絵」というのが、子どもたちには新鮮だったようで、始まった瞬間から画面にくぎづけでした。
    (千葉県柏市 土南部保育園)