山椒大夫 山別之段

山椒大夫 山別の段

出演 ■ 梅田佳声・望月太左衛社中

上演時間 ■ 45分

 奥州、五十四郡の主であった父の罪を晴らそうと、安寿と厨子王の一行は京に向かった。ところが途中、商人に騙され丹後の山椒太夫に売られてしまった。
 このままでは一生奴隷だ。姉妹は決死の思いで、柵を破って逃げたが、安寿は怪我をして捕まり、逃げおおせた厨子王は寺に匿われた。
 だが追っ手は寺をくまなく探し、とうとう厨子王が隠れる葛を開けた。するとまばゆい輝きがお堂に広がり・・・。
 江戸時代から人気のはかなく哀れな物語。影絵と写し絵、そして梅田師匠の生き生きとした話術で、現代の世に甦る。