勧進帳

勧進帳

出演 ■ 説経節政太夫

上演時間 ■ 27分

 源義経は兄の頼朝と不和になり、今では兄から追捕を受ける身になっていた。義経は家来の弁慶たちと山伏姿に身をやつして都を落ち、加賀の国安宅の関に差しかかった。関所では、関守富樫左衛門が待ち構えている。富樫が弁慶に、怪しい一行かなと問えば、弁慶は勧進の山伏と応える。しかし、富樫は義経を見たことがあった。そこな者が義経に似ていると、富樫が詰め寄ると弁慶は・・・。
 歌舞伎の名場面として五本の指に入る傑作。語り芸の原点といわれる説教節を現代に甦らせた政太夫師匠と、勧進帳を現代的な新しい視点でとらえた劇団みんわ座による、江戸写し絵。
勧進帳