江戸の頭脳に挑戦 其の二