あひるときつね ー物の影の劇あそびー

あひるときつね本

劇団みんわ座
作 ■ 山形文雄

絵 ■ 田中佑子
出版 ■ 晩成書房
税別価格 ■ ¥2,000
綴じ込み付録 ■ 影絵人形
購入

あひるの学校がありました。あひるのこどもたちが、およぎの練習をしていると、あの恐しいきつねが、あひるの声をききつけてやってきたのです…。

手や物のかさなりで、ふしぎで楽しい影絵あそびがはじまります。
シーツ一枚と白熱灯(クリアライト)で、幻想の舞台が浮かびあがります。影と影が重なったり、影が踊ったり。赤・青・緑と光が増えていけば、さて、どんな形が生まれるやら。人形と手影絵、動きのある身体の影等を活用します。

もくじ


  • 影絵の劇あそび
  • 影絵劇『あひるときつね』
あひるときつね中あひるときつね