国際シンポジウム日本のスクリーン・プラクティス再考: 視覚文化史における写し絵・錦影絵・幻燈文化

日時:2017年12月17日(日) 14:00~18:00
会場:早稲田大学26号館 大隈記念タワー地下多目的講義
主催:早稲田大学演劇映像学連携研究拠点
共催:早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系

多様な映像文化を「スクリーン・プラクティス」の視点から据え直す近年の議論を踏まえ、本シンポジウムは日本の映像文化に焦点を当てます。
当一座は写し絵の上演と代表による解説と代表がパネルディスカッションに参加しました。

PDFパンフレット